1969年1月13日、和歌山県和歌山市生まれ。

幼少の頃より音楽に親しみ、5歳よりピアノとエレクトーンを始める。

大阪音楽大学作曲科在学中にビル・エバンスのレコードに衝撃を受け、関西のジャズクラブでプロデビューする。

1990年より西山満(B)のコンボで演奏活動を開始し、関西の有数の人気バンドで活躍した。

1994年に活動の拠点を東京に移し、大井貴司(Vib)スーパー・バイブレーション、リチャード・パイン(As)&カンパニー、谷口英治(Cl)グループ、佐脇武則(As)4 のレギュラー・メンバーになる。

1996年よりオペラ歌手「中島啓江」のツアーメンバーに参加する。

NHKテレビ番組「迷宮美術館」にてピアノソロによる即興演奏を披露。また、TBSテレビドラマ 松本清張生誕100年記念スペシャル「中央流沙」の劇中ピアノ曲を作曲し、テレビ出演する等、ジャンルにとらわれない活動を展開する。


2005年に「WILL」出口誠トリオ 佐瀬正(B)、井川晃(Dr)

2010年に「Don't be at a loss」出口誠トリオ 安ヵ川大樹(B)井川晃(Dr)

2015年に「Duologue」出口誠&片岡雄三(Tb)、池田雅明(Tb)、右近茂(Ts)、井上信平(Fl)
の三枚のリーダー作をリリースし、数多くのアルバムにピアニスト兼アレンジャーとして参加している。

ヴォーカルの伴奏に定評があり、Annie Sellick、Melveen Leed 他、多数の来日シンガーと共演し、自己のピアノトリオ「出口誠トリオ」を中心に、都内、横浜をはじめ全国の主要ジャズライブハウスにて演奏活動中。

後進の育成にも力を入れ、「出口美樹子音楽院」にて副学院長を努めている。
MAKOTO DEGUCHI is Japanese jazz pianist.
I was born January 13, 1969 in Wakayama and started on piano and electronic organ at the age of five.
While in composition department of Osaka College of Music, I encountered Jazz and was influenced by records of Bill Evans, Oscar Peterson and Herbie Hancock and I made a debut as a jazz pianist at a jazz club in Kansai. I have been playing the piano with many famous jazz players including Keiko Nakajima, opera singer, in jazz club all over Japan.
I released first Makoto Deguchi trio album in August 2005 and received considerable attention. I released Second Makoto Deguchi trio album in July 2010. I invited Rostock Schwerin Jazz Fest(Germany),and peformed with Andreas Pasternack Band in September 2010.
Today, in addition to a jazz pianist, a composer, arranger and bandleader, I play an active part as a jazz piano educator at MIKIKO DEGUCHI MUSIC SCHOOL.