梅酒1  今年もいい梅が採れました!
焼肉くろげでは、毎年この時期に自家製の梅酒を仕込んでおります。
 では、どのような流れで仕込みをするのでしょうか?
梅酒2  まず大切なのは選別作業です。
傷のついた梅が混ざると、味や品質が悪くなるので
ひとつ一つ選別します。
 選別が終わったら、丁寧に瓶詰めします。
梅酒3  丁寧に瓶詰めした梅に今度は、氷砂糖を入れます。
余計なものは入れないで素材の味を引き出すのがポイント!

『美味しくな〜れ、美味しくな〜れ♪』
と言いながら(…心の中で)仕込んでいきます
梅酒4  氷砂糖を入れたら、今度はホワイトリカーを入れます
このときも梅に話かけながら作業します

『ど〜だ〜?アルコールは気持ちいいか〜??』
とこのときは言いながら仕込みました!
梅酒5 ちなみに去年は暑かったので
『冷たくて気持ちいいべ?』と言いました(笑)
こんな感じで仕込んでいきます!
そう、余計なものは入れない!!これがポイントです
梅酒6  仕込みが終わったら、最後に冷蔵庫で寝かせます
温度の低いところでじっくりと低温熟成させます
低温熟成させることで味に深みがでてまろやかになります
梅酒7  さっ、今年も美味しい梅酒が仕込めました!
焼肉くろげの人気の梅酒を是非、ご賞味下さい